1. Home
  2. 製品紹介
  3. HP-LCC防水工法|高断熱複合圧送塗膜防水工法

HP-LCC防水工法|高断熱複合圧送塗膜防水工法

断熱ウレタンゴムと断熱・遮熱・高耐候性トップコートを組み合わせて、既存防水層を撤去せずに、高耐久・高断熱防水を実現。

施工実績※画像をクリックすると、詳細をご覧いただけます

工法構成について

通気緩衝工法

既存下地がコンクリートの場合、コンクリートが発する蒸気によって、内部から防水層に膨れが発生します。
それを防ぐために、通気性がある通気緩衝シートと脱気塔を設け、水蒸気を逃し膨れを解消します。
また、通気緩衝シートにより、既存下地のコンクリートに起きる亀裂などの挙動から、防水層破断が発生することを抑制します。

施工工程施工工程

密着工法

既存防水層を補修した上で、ウレタン塗膜の防水層を形成します。
下地の既存防水層とウレタン防水材の密着性を高めるために、プライマー(接着剤)を塗布し、
ウレタン防水材を2層作り、トップコートで仕上げます。

施工工程施工工程

カラーバリエーション

  • グレー
  • グリーン
  • ベンガラ